幼児園の3大特徴

ily

英語力を身に付けます。

アメリカやイギリスの幼稚園に行かなくても、1日4時間、年間約960時間の英語環境の中で、園生活を過ごします。

日本文化を身に付けます。

挨拶、返事、後始末などの習慣を身につけて、人と協力し、やり遂げる子供を育てます。

コミュニケーション力を身に付けます。

少人数、縦割り保育により、一人一人の個性とコミュニケーション能力を育てます。

目標 「世界で活躍できる立派な日本人を育てる」

ひよこクラス
○自分の命を大切にし、家族を愛し、日本の伝統的精神と、誇りを持てる人間を育てます。
○英語を身につけ、世界の人と協力し、貢献できる人間を育てます。
上記の目標を達成するために、3つの力を身につけます。
心ー人間力ー困難や苦難が起こってもそれを乗り越える力を身につける
技ー言語力ー言語力を養い、コミュニケーションの力を身につける
体ー行動力ー思ったことを行動に移せる力を身につける

心・技・体

1.自己肯定感 = 自分の嫌な部分があっても、自分を好きでいられる人を育てます。
2.人間関係力 = 相手の話が聞ける、自分の意見が言える、相手と協力出来る人を育てます。
3.英語力 = 「聞く、話す、読む、書く」の4技能を通じて、自分の気持ちを伝えられる人を育てます。
4.日本語力 = 正しい日本語を身につけ、思考力、読解力を持つ人を育てます。
5.立腰教育 = 姿勢を正すことで、心と体を健康を促進します。
6.身心相即 = 気付いたらすぐ動く、という動作、習慣を身につけます。

英語力を身に付ける

~トレーニング方式への取り組み~

当園では「同時通訳の神様」と呼ばれた國弘正雄先生の只管朗読(意味が分かっている英語の文章を
何度も音読する)音読法を取り入れています。

方法 英文をただひたすら音読すること。(500 回~1000 回)
目的 読む・書く・聞く・話すを含む総合的な英語力をたかめること。
効果 英語学習の盤石な基本が確立され、語感・英語らしさが体得される。
英文を見て、聴いて、瞬時に理解できるようになる。
筆を執ると自然に英文が流れ出てくるようになる。
英語が自然に口をついて出てくるようになる。
教材 英検5級レベルのストーリーブック(年間2冊)
(参考:令和元年度教材)

日本文化を学ぶ

~立腰(りつよう)教育への取り組み~

「立腰」とは、腰骨を立てて背筋を伸ばして座る姿勢の事です。
昔のひとは「腰を立てる」ことができていたから、精神的にも一本筋が通っていました。つまり、精神をシャキッとさせたかったら、腰を立てて背筋をシャキッとさせる、ということです。これが「立腰(りつよう)」が重要視されている理由のひとつで、からだを通して心を強くしていくことができると考えます。
現代人は姿勢が良くないから精神的にも肉体的にも脆弱になっている。という見方ができるかもしれません。
そしてこの「立腰(りつよう)」を幼児教育の柱として提唱したのが、教育哲学者である森信三(もりしんぞう)氏です。

~石井式漢字教育とは~

石井式漢字教育法は、教育学博士石井勲先生が、 長年の実践を通して
提唱してきた教育法です。
【漢字はひらがなよりやさしい】
漢字は一見複雑そうですが、それ故に識別しやすいのです。そして具体的な
意味や内容を表わしていますから、幼児には絵を見るのと同じように理解される
わけです。つまり、「目」で理解する言葉(視覚言語)が漢字なのです。
【漢字仮名交じり文で本物の日本語にふれる】
漢字は目で見る言葉、絵のようなものですから、大人が考える程、難しいものではありません。また、石井勲先生が監修された教材は、リズム感のある美しい日本語で書かれています。自然に日本語の構造を会得することができるのです。

コミュニケーション力を磨く

現代の社会問題について

急速に進む少子高齢化、企業や働き手を襲うグローバル化の波。日本人が希望を見いだすには、他者と共存しながら切磋琢磨していくしかありません。

高齢化にグローバル競争、周辺国との険悪な関係。2030年までの未来を見通したとき、日本の将来へ明るい展望は持ちにくいでしょう。

グローバル化の波はもはやあらがいようがありません。働き方はますます多様化し、いずれ日本人は外国人と完全に対等な立場で勝負するようになるでしょう。彼らと勝負して勝てるのでしょうか。多くのビジネスパーソンはこんな漠然とした不安を抱いている中、コミュニケーション力の重要性は高まる一方です。

コミュニケーション力を高める為の取り組み

【対等の立場で交渉する】
先生だから、理不尽な命令でも従わなければならない、という考えは希薄です。
幼児といえども、「納得感」が重要になります。
与える課題に対して、何の為にそれをするのか、目的を正しく伝えます。
また道筋を立てて説明し、納得すれば、やる気が起きます。

アドラー心理学に基づく教育のアプローチ

勇気づけ

子育てで最も重要なことは、「心」(自己肯定感)を育てることです。
子どもは、成長するにしたがって、子どもが接する「社会」はぐんと広くなり、多くの同年代の子どもと付き合うことになります。
そのなかで、自分には苦手なものがあるとか、得意だと思っていたことが自分よりできる子がいる、といったことが見えてきて、幼いころは不動だった子どもの自信は大きく揺らぐことになります。
ここで大切なのは、何があっても自分の存在そのものは間違っていない、脅かされるものではない、という健全な「自己肯定感」です。
自己肯定感のある人は、尊大に振る舞う必要も、人を傷つける必要もありません。
自分の存在が認められている、という絶対的な安心感があるからです。
私達大人は、子どもの内面を育てるため、「勇気づけの子育て」を学び、強い心と豊かな知識を引き出していきます。

園でのアプローチ法

・喧嘩が起きたら、子ども同士で解決できるよう、援助する
・子ども同士を比較しない、えこひいきしない
・先生が聴き上手になり、子どもの意見を引き出す
・泣いている子に同情せず、感情が収まったら、話をし、気持ちを言葉で表現できるよう援助する
・子どものやる気を引き出すため、目的を明確にする
・批判をせず、子どもの意見を聞く
・先生の価値観を押し付けない
・子どもができる事は、子どもにやらせる
・体罰を与えない
・無理やり従わせない
・褒めずに、勇気づける
・命令をせず、子ども自ら考えて行動できるよう援助する
・子どもにやることをいちいち指示しない
・感情的にならず、理性的に話す
・子どもに嘘をつかない
・体験を通して学ぶ機会を与える